歯科医院のリフォームを考え始めたら!リフォームする時の注意点とは?


歯科医院をリフォームする時の注意点とは?

歯科医院を開業し一定期間が過ぎた頃、医院のリフォームを検討しているという相談を伺います。リフォームを考える際に、まず一番先に考えておかなくてはいけないことは、なぜリフォームが必要なのかをしっかり洗い出すことです。

この定義があやふやなまま、なんとなく現状を変えたいとリフォームしてしまうと、無駄なリフォームで費用だけがかかってしまったということになりかねません。リフォームしたい問題点をしっかりと事前に洗い出し、リフォームを依頼する業者と打合せていきましょう。

医院全体の劣化や老朽というような表層だけをきれいにしたいという場合は、構造や動線を変えるようなリフォームに比べて費用も安くなります。その場合は、安いリフォーム業者を探して壁紙を張り替えてもらうと良いでしょう。

動線や構造を変えたい場合でも、現況を上手く利用したリフォームであれば、比較的安くリフォームできることがあります。しかし、現況をどう上手く利用するかは、専門知識を有する人でないと判断が難しくなります。歯科の実績がある所に頼まないとリフォーム後に、医院が機能しなくなってしまうことも起こりかねませんので、選定には注意が必要です。

歯科医院のリフォームの時によくある事例と注意点

医院の壁には抜いていい壁とそうでない壁がある

木造の建物の場合、構造壁・耐力壁と呼ばれる、抜いてはいけない壁や柱が入っていることがあります。この壁を抜くには、建設業許可や建築士の免許を有する施工会社でないと施工ができません。

しかし、500万円以下の工事は小規模工事にあたることから、これらの資格が不要で、無許可でも工事が可能になります。リフォーム専門の業者の中には免許なしでリフォーム事業を行っている所も多く、せっかくリフォームの打合せを行っても、工事が出来ないと言われてしまい、時間と労力が無駄になってしまうことがあります。

また木造ではなくとも、ブレースと呼ばれる筋交いが入っている外壁部もあります。そこを抜きたい場合は、別の場所で耐力をもたせる必要があるので、工事費がかさんでしまいます。やりたいこととコストバランスをみて判断をしていきましょう。

スタッフルームの天井と壁に隙間があるのを埋めたい

スタッフルームの壁と天井の間に隙間があり、スタッフの話し声が筒抜けとなってしまうのが嫌だから隙間をなくしたいというお話をしばしば伺うことがあります。もちろんリフォームの際に隙間を埋めることは可能ですが、設備費用の問題が出てくる可能性があるので注意が必要です。

スタッフルームと壁の天井に隙間がある場合、消防法上、隙間を埋めると設備費用(スクリンプラーや煙探知機・非常用照明など)がかかる場合が多く、設備費用を安くするために、壁と天井に隙間をあけている可能性があります。なので、リフォームで隙間を埋めてしまうと、設備費用も必要になりコストがあがる可能性がありますのでよく確認しましょう。

(参考)歯科医院に関わる消防法!内装設計時と届出の注意点とは?

機械室の音がうるさいからなんとかしたい

歯科の実績がない所に内装の施工を頼んでいた場合、機械室を防音壁や防音扉にしてない可能性があります。リフォームの際に、防音壁や防音扉にしたらこの問題は解消できるかもしれません。

しかし、防音壁や防音扉になっているけど音が気になるという場合は、機械を消音タイプのコンプレッサーやバキュームに入れ替えるのも1つの手です。消音タイプのものはコンパクトなものが多いので、収納量が増えるかもしれないという副産物もあるかもしれません。

リフォームと一緒に増築をしたい

リフォームとは少し異なりますが「医院のユニットも増やしたいし、この際に増築をしたい」というお話もよく伺います。増築する際は、建蔽率(建ぺい率)や容積率など、国の定める制限があるので違法建築にならないように注意しながら進めることが大切です。

ここまで、リフォームでよくある事例と注意点について紹介しましたが、歯科医院は水回りの配管・エアー・バキューム・LAN・HDMなどの弱電系配線がたくさん走っているので、むやみに解体してしまうと、院内機能が止まってしまう恐れがあります。冒頭でも簡単にふれた通り、歯科医院のリフォームも歯科実績がある企業を選定する必要があります。

歯科医院の実績がある施工業者はどこがいいのか?また、やりたいこととリフォーム費用のコストバランスの判断が難しいと悩まれるようでしたら、インサイトまでお気軽にご相談ください。

歯科医院の実績がある施工業者はどこがいいのか?また、やりたいこととリフォーム費用のコストバランスの判断が難しいと悩まれるようでしたら、インサイトまでお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

リフォームをご検討中の方は、お気軽にお問合せ下さい。

フォームへ進む