開業資金関連

開業資金関連

低コストで歯科医院を開業したい場合の4つの方法と注意点

低コストで開業したいと考えた場合、次のような方法がよく出ます。「居抜き物件・賃料を安く・機材は必要最低限だけ・集患で業者を利用しない」しかし、これらの内容で開業を進めた時に、注意点やトラブル、デメリットも多くあるのでそれぞれ解説します。
2021/06/30
開業資金関連

歯科開業で使った領収書の注意点!会計の勘定費科目の考え方

開業にかかる費用(開業費)は経費に出来るのか?もちろん可能です。開業準備関連で支出した費用を経費として処理するためには、領収書・請求書を残しておくこと、領収書のない場合や、支出した詳細がないものは、いつ・どこで・何に・いくらかかったのかの履歴を残しておく必要があります。
2021/08/04
開業資金関連

歯科開業の事業計画書の作り方とポイント~概算事業計画書を作ろう~

事業計画を立てる前に、自分の開業資金はどれ位かかるのか?借入はどれ位必要なのか?などを算出できる、概算事業計画の立て方や作り方について解説します。まず、どの様なコストがかかってくるのかを考えてそこから月々の返済額を算出します。
2021/06/30
開業資金関連

自己資金が足りない!歯科開業の資金繰りに困ったら出来る3つのこと

「自己資金が少ないけど開業を進めていきたい」という先方向けに、開業の資金繰りや自己資金を貯めるために出来ることのポイントについて紹介します。開業の為の自己資金が足りない原因は何なのか、それを把握しない事には資金を得る為の手立ては決められません。
2021/06/30
開業資金関連

歯科開業で日本政策金融公庫を利用する時の流れとポイント

多くの方が歯科開業で利用されている日本政策金融公庫利用する時の流れとポイントについて紹介します。公庫から融資を受ける際、主に利用するのが新規開業資金、新創業融資制度です。融資を利用する際の大まかな流れは、相談→申込→面接→融資判断→融資確定・実行→返済となります。
2021/06/30
開業資金関連

歯科を開業して銀行口座を開設する時や医院の口座管理のポイント

歯科開業時に融資を受ける金融機関が決まったら、融資の入金を受ける為にその銀行で口座を開設し、同時に同じ口座で事業資金返済の引落しも契約する事になります。今回は、歯科医院の事業用口座を開設する時のポイントや、注意点などを紹介します。銀行から融資を受ける場合、
2021/08/06
開業資金関連

開業資金借入時の保証人や担保の考え方!保証人って必要?無担保無保証は出来る?

歯科医院の開業資金の借入の際によく聞く担保や保証人とは?歯科医院の開業資金調達で借入の担保や保証人の考え方とよくある質問を紹介していきます。|保証人って必要?誰に頼めばいい?|無担保、無保証での借入は出来る?|
2021/06/30
開業資金関連

住宅購入と歯科開業どちらが先が良いのか?住宅ローンと開業資金から見たメリット・デメリット

住宅を購入するにしても開業をするにしても、自己資金がなければどちらもローンを組む方がほとんどです。ローンとなれば、その時々での融資審査があります。その為にも、住宅購入と開業どちらを先にしておいた方が良いのでしょうか?住宅を先に購入した場合と歯科医院の開業を先にした場合のメリットデメリットを紹介していきましょう。
2021/06/30
開業資金関連

開業費用リスト!歯科医院の開業にかかる費用はいくらか?

歯科医院の開業で何にいくらかかるのかを押さえておかないと用立てるべき資金額を把握できません。今回は一般的なテナントで開業する場合にかかる、賃貸借契約時の諸経費・その他/内外装工事費/医療機器、材料関連(新品)/院内備品/広告費/人材募集/運転資金などの概算金額を解説します。
2021/06/30
開業資金関連

資金調達前に必見!歯科開業資金の借り入れを抑えるテクニック

歯科の開業では、ほとんどの方が金融機関からの借入れを行います。資金を借り入れるということは借金をするという事になるので、できる限り避けたいところです。今回は、歯科開業資金の借入額を抑えて、借金のリスクを減らすテクニックを紹介します。
2021/07/01
タイトルとURLをコピーしました