歯科開業相談!開業前によく聞くご相談FAQ


歯科開業相談!開業前によく聞くご相談FAQ

歯科開業について、先輩や所属医院の院長先生などから経験談を聞いていたとしても、いざ自分の医院を開業しようとなると皆さん色々と悩みが生まれるようです。そこで、当社でもよくお伺いするご相談内容についてまとめました。

自己資金があまりないのですが、こんな状況でも開業できますか?

開業をお考えの勤務医の方から一番よくお伺いするご相談です。歯科開業には最低でも5000万円の費用がかかると言われていますが、実はその費用全額を賄う自己資金がなくとも開業はできます。世の中には事業を興す際に金融機関から融資を受けられる制度があり、この制度を利用する事で事業資金の問題をある程度解決する事ができます。

ただし、「歯科開業で実際に必要な自己資金額っていくら?」でもお話している通り最低限用意すべき自己資金額はありますし、歯科開業に有利な金融商品を選び、融資審査をパスできるだけの事業計画を作成し融資機関の信頼を得る必要があります。融資実行までの流れや準備資料については「資金調達率100%?!インサイトの開業資金調達サポート」に掲載しているので、ご参考にして下さい。

歯科開業用の物件を探していますが、これといった決め手がなく、中々見つからずに数年が経過してしまいました。どうやって決めたらいいでしょうか?

開業について、ご自身である程度進めていらっしゃる方によくあるご相談です。開業物件については多くの方が悩んでいますが、いくつかのポイントさえ押さえてしまえば歯科開業に適した物件を探し当てる事はできます。

しかし、良い物件ほど迷っている間に他店で契約が決まってしまったり、せっかく決心がついてもオーナー面談や条件交渉がうまく行かず契約にこぎつけられない場合などもあります。「歯科の物件探しのポイントと注意点!」を参考に、選定ポイントや契約に関する基礎事項を押さえて、早めに動くように心がけましょう。

また、「歯科医院の開業スケジュールのたて方」でも簡単に触れていますが、物件が決まらなければ開業準備はスタートできません。ご自身のご年齢やライフプランとも照らし合わせ、もし開業時期を決めた場合、こちらのスケジュールを参考に物件を決定しましょう。

開業後すぐは患者さんが来院せず、経営がうまくいかない医院もあるそうですが、最初からたくさんの患者さんに来てもらう為には何をしておくべきでしょうか?

多くの患者さんに来てもらう為の施策は開業前から始めておかなければいけません。人が集まる立地の物件で開業する事は大前提として、物件の契約が済んだら他の集患施策もしっかりと準備していきましょう。

今や情報を得る為の定番ツールとなったホームページやSNSで医院情報を提供できるように準備しておく事も大事ですが、実際に周辺の患者層の来院を促すには内覧会などのイベントで実際にふれあいの機会を持つ事がかなりの効力を発揮します。

医療施設には広告規制が設けられているので、内覧会も開催できるタイミングや内容などに限りがあります。施策内容や注意点については「歯科開業時の集患対策とは?開業後すぐにでも患者さんが集まる仕組み」で解説しているので、ご参考にして下さい。

医療施設だと広告に規制事項があると聞いたのですが、看板やホームページなどを出している医院はたくさんあります。具体的に何に気をつければよいのでしょうか?

医療広告規制といっても、広告する事自体をやみくもに禁じられている訳でありません。内容や出し方に注意する事でホームページや看板を出すことはできますし、「歯科医院の集患・増患方法はどんなものがある?」で紹介しているような他のツールを使って患者さんに医院の適切な情報を伝える事も十分可能になります。

まずは医療広告規制の概要を押さえ、広告として許される表現や方法をよく確認した上で、自分の医院に適した集患ツールを活用しましょう。ホームページは近年規制対象となったばかりなので、詳しくは「医療広告ガイドラインの変更点!限定解除とは?」をご覧下さい。また、同記事内で広告NG例なども取り上げているので、判断に迷う事があればご参考にして下さい。

ちなみに、看板に「インプラント・審美」という科目名を掲載したい、などといったご相談を頂く事もありますが、こちらはNG事項です。「歯科」「小児歯科」「矯正歯科」「歯科口腔外科」の4項目か、この4つの文言の常識的な組み合わせしか歯科では標榜可能な科目名として許されていないので気を付けましょう。

歯科を開設する時は、飲食店を開業する時みたいにどこかに何かを届出する必要がありますか?

歯科診療所を開設する時には、地域の各施設にしかるべき届出を出す必要があります。厚生局には「保険医療機関指定申請書」、保健所には「開設届」を出す必要があり、その為に内装計画ができた段階で保健所と打ち合わせる必要もありますし、届出に伴って必要となる開設前の保健所検査にパスしなければ開業する事もできません。

具体的な流れと提出書類については「保健所への開設届提出の流れと注意点」で解説しているのでご参考にして下さい。他にも、レセコンを使った保険請求については審査支払機関に事前の請求手続きやツール設定などが必要ですし、特定の処置や診療報酬の加算対象となる機材については別途厚生局に専用の届出を出す必要もあります。こちらについては「歯科医院の収入に影響が!?よくある保険請求3つのトラブル」でも概要を説明しています。

また、建物や医院の規模によっては消防についての届出や点検も必要になります。「歯科医院に関わる消防法とは?」の記事を参考に、ご自身の開業環境に合わせて準備を行って下さい。

開業を志す歯科医師の方からよくお伺いするご相談についてでした。ご自身のお悩みと重なる点がありましたら、ご参考にして下さい。とはいえ、開業する環境は人それぞれなので、ご相談内容も皆さん異なります。

当社では、具体的な事例を交えながら開業の全体像をおつかみ頂ける「開業セミナー」をや、セミナーを行いながら個別相談もできる「個別セミナー」を開催しております。ご興味のおありの方は以下バナーよりセミナーページへお進みください。

歯科開業セミナー

また、セミナーではなく、自分の場合はどうしたらいいのか誰かに意見を聞いてみたい、開業に関して不安を感じる…などのお悩みがありましたら、一度専門家の話を聞くのが解決の早道になる事もあります。歯科医師の方向けに歯科開業の支援サービスを行っておりますので、お悩みがある方や支援サービスの内容について気になる方はお気軽にお問合せ下さい。ご相談は無料で承っております。

ご相談はこちら

ご相談やお悩みなどお気軽にお問合せください。

問合せフォームへ進む