えっ…そこは想定外。利益を圧迫する経費が生まれる原因と対策まとめ!


歯科医院の利益とコスト

歯科医院を経営する際には、コンスタントに利益をあげることが大切なのはもちろんですが、経費を抑えることも必要です。ただし経費にも「かけるべきコスト」と「抑えるべきコスト」があり、何でもかんでも抑えればよいというわけではありません。

一方で「かけるべきコスト」だったとしても、結果利益を圧迫しているならば、見直す必要があるのも事実です。いざ開院してから想定外だった…とならないよう、「利益を圧迫する経費が生まれる原因は何か?」「生まれないようにする対策とは?」の2点について考察し、まとめてみました。

○経費として最も高い「人件費」は、かけるべきコスト?抑えるべきコスト?

経費の中で、もっとも割合が高いのは「人件費」でしょう。しかし歯科医院にとって、できる人材は「財産」ともいえる存在。かけるべきコストのひとつです。そうはいっても、利益に見合わない人件費をかけ続けるのは、自分の首を締めるようなもの。そこで目安を知っておくことが必要です。

医院の経営方針にもよりますが人件費の目安は、「売上の20~25%程度」を基準に考えておくとよいでしょう。多く見積もっても30%程度で、それを超える場合は人件費のカットを考えなくてはいけません。逆に15%を切っている場合は、適切な人件費が支払われていない可能性があるので、注意が必要です。

○塵も積もれば…抑えるべきコストは日々の努力でカバー

単純に抑えるべきコストといえば、
・水道光熱費
・通信費
・消耗品費
・事務用品費
・旅費交通費 などです。

患者さんに気持ち良く病院に来てもらうためには、院内環境を整えることも必要ですから、エアコンなどを極端に節約する必要はありませんが、スタッフ内で節約できるところは節約することも大切です。

ただしその場合、院長が率先して行うことが重要。院長は消耗品や事務用品、旅費交通費などをバンバン使うのに、スタッフには節約するよう促す…などというのは、スタッフの働く意欲を削ぐ行為なので逆効果になります。

院長とスタッフが「利益を上げるために必要なこと」と意識することができれば、自然と経費を抑えられるようになるでしょう。

適切な利益について考えてみましょう
売上に対して何%あればよいのか?

経費が圧迫して利益が上がらない…と嘆く前に、適切な利益とは何%か?についても、考えてみましょう。歯科医院の経営方針にもよりますが、ずばり売上に対して25~30%の利益があげられれば合格点といえます。

「うちの利益率はもっとすごいよ!」という場合、自費治療の割合が高いなども考えられますが、「かけるべきコスト」をかけられてない場合もあるかもしれません。

利益ばかりを追求していると、優秀な人材を失くすことにつながる危険性があることや、結果患者さんによりよいサービスを提供できていない可能性があることも、頭に入れておいてはいかがでしょうか。

○経費のカットも大切ですが、最終的な武器は優秀な人材

「経費を抑えて利益を得る」。これは経営者として正しい考え方だと思います。しかし優秀な人材を確保できるということは、長い目でみて利益を生むことにつながります。

そのためには「どんなスタッフを採用するのか」「素質のある人を見抜くコツを知る」「給与の決め方」「業績成果の還元」なども必要になります。経費の話とは異なりますが、こちらも利益を上げるために大切なことです。

詳しい内容については、インサイト発行の書籍『ウラ技ズバット77!新規開業必勝法』の中の「スタッフ採用編」もご参考にしていただければと思います。
ウラ技ズバット77!新規開業必勝法はこちら⇒歯科医院開業のノウハウ本のご紹介

歯科開業の利益についてもインサイトにお問合せください