歯科開業の環境と将来予測5 歯科の未来予測「サービスの増加と大規模化」


複数回に分けて歯科新規開業を取り巻く歯科業界の現状と将来の予測についてご紹介している近年の歯科開業の傾向と人口推移から予測られる、歯科医院の開業予測の5回目です。過去のシリーズをまだ読まれていない方は1から順にお読み進みください。

今回は歯科新規開業を取り巻く環境と将来の予測 4でお話しした30年後の人口予測から推測される未来予測のうち「サービス業的な側面の増加」と「歯科医院の大規模化」を項目毎に説明していきます。

未来予測1 サービス業的側面の増加

歯科サービス業的側面の増加

以前にもお話した通り、2045年の人口10,221万人は統計上1970年とほぼ同じであることからすると、当時の対10万人当たり歯科医師数は36.6に対して、2045年はどうでしょうか?

この点に関しては、厚労省も懸念を抱いていて、歯科医師の需給問題に関するワーキンググループ(2015年2月24日開催)の資料「歯科医師需給問題を取り巻く状況」の中で、2012年末歯科医師数が変化しない仮定で、地域別将来推計人口を基に2040年の対10万人あたり歯科医師数を試算した結果、95.6人と算出しています。

統計上、各5年の開きがあるものの、2045年でもほぼ変わらないとすると、1970年当時と比較して、30年後の2045年では、人口が同じであるにもかかわらず、歯科医師数は約2.5倍になることになります。これでは、相当厳しい経営状況になるのは必定です。

そうなれば、今まで以上に歯科医院は患者確保に躍起になり、そのためには自院のサービスを技術だけではなく、患者ケアであったり、ロイヤリティ管理であったり、コンビニエント性の向上であったり、様々なサービスに創意工夫をせざるを得なくなるはずです。

つまりは診療以外へのコストや労力をかけていく必要があります。

【関連】サービスとしての医療?これからの歯科医院

未来予測2 歯科医院の大規模化

歯科医院の大規模化

歯科医院の大規模化は、サービス行的側面の増加、つまり診療以外に多くのコストがかかることから、一人で行う歯科医院はかなり厳しい経営を迫られることになっていきます。

この結果、
・集客コストの低減
・診療設備の共有化
・受付機能の共有化
・患者管理の共有化
・人材確保と教育コストの低減
・診療領域の専門化

など様々な面で大規模化のメリットが生まれ、規模の大きな診療所が増えると推測できます。

2045年時点では、対10万人あたり歯科医師数95.6という数値からすると、一医院あたり4名から5名の診療所が一般的になるのではないでしょうか?実際に、歯科医院の経営はある程度の規模があったほうが弊社のコンサルティングの経験上でも、経営効率が良いのです。

たとえば、近くにある歯科医院3件の統合を考えてみましょう。

それぞれの歯科医院が30坪、駐車場3台、ユニットが3台、1日の患者数が20人、スタッフが常勤で3名だとします。近隣の医院2件以上に同時に通う患者は基本的に考えられないので、単純に医業収入は3倍、患者収入は3倍になります。

一方、コスト面では各医院で同じように保有する診療機材や内装の一部(トイレ、受付回り、スタッフ休憩室、院長室など)は不用になり、スタッフに関しても受付などを担当させていた場合は1/3になる可能性があります。

歯科医院の集患として大きく影響するのが、診療所の規模です。今まで、各30坪だった歯科医院は90坪、駐車場9台と大規模になり、地域住民からの視認性が非常に高くなり、確実に賃料は値下げできます。

さらに、最も大きく影響すると思われるのは人材確保の面です。小規模の歯科医院では、経営に余裕がないため、常にぎりぎりのあたま数で、医院を切り盛りしているため、寿退職などの欠員がでたら採用するといった補充型の採用をせざるを得ません。

この補充型採用の問題点は、良い人材が来てくれればよいのですが、募集をかけてもスタッフが集まらない時にあります。多くの歯科医院はしかたなく、レベルが低い人材であってもあたま数がほしいから採用してしまいます。

この結果スタッフの質が劣化していき、診療事態の質も劣化していくといった悪循環にはまってしまいます。

そうならない為には、大規模歯科医院は補充採用ではなく、ある程度のコストをかけ、常に人材募集、面接を行い、医院のレベルにあった人材が確保された時だけ、採用に踏み切ることでスタッフの質が劣化しにくくなります。教育担当者もしっかりつけられるので、常に人材が安定した状態になるはずでしょう。

次回の歯科新規開業を取り巻く環境と将来の予測 6では、自己負担金の引き上げ・自費診療枠の拡大についてお話しします。

【関連ページ】歯科開業の全体像と開業の流れ

また、歯科の予測や将来について詳しく知りたい方は、インサイトの開業セミナーへご参加ください。セミナーでは、今後の予測や開業を取り巻く環境がどのように変化していくのかを分かりやすく解説しています。

歯科開業セミナー