【2018年度版】都道府県別歯科医院数とその要因


歯科医院数推移

厚生労働省より医療施設調査の最新版が2018年の12月27日に公表されました。全国の歯科医院数は、68,609件でした。開設数が1,720件、廃止数が1,739件となっており、開設数と廃止数の逆転現象が起きています。そこで、歯科医院の開院(開設)数と閉院(廃止)数の推移や詳細について紹介しましょう。

○全国の歯科医院「開院数、閉院数」推移

歯科医院の開設数と廃止数の推移

この推移を見ると3年毎に増加し、次の年に一旦減りまた増加するという推移を繰り返しています。3年サイクルの中では、静態調査を実施した年に、開設数も廃止数も増えています。この要因を厚生労働省に問い合わせて確認した所「現象は把握しているが要因は不明」とのことでした。

また、上記推移を見てみると、開院数は年々減り続け、閉院数は若干増えつつあることが分ります。そして冒頭でもふれた通り2017年ではついに廃止数が開設数を上回る逆転現象が起きています。

しかし、かつてのように歯科医院は開業すれば何をしなくても患者さんが来院してくれている状態になっているという状況を指示している数値ではありません。歯科医院を取り巻く環境を考えるには、歯科医院の数・歯科医師数・人口など様々な要因が絡んできます。その内容については、また別の機会で詳しく解説します。(参考:開業の現状「開業件数と開業地」

それでは、地域別に開院数と閉院数についてみていきましょう。下の図は、都道府県別(地方別)の開設数と閉院数です。

地域別歯科医院の開設数・廃止数推移

全国で歯科医院の開設数と廃止数の逆転現象が起きているとふれましたが、地域別にみてみると関東地方と中部地方については、いまだ開設数の方が多い状態となっています。特に関東地方に関しては全ての都県で開設数が上回っています。

ここまで歯科医院の開設数と閉院数についてみてきましたが、実際の医院数はどのようになっているのでしょうか?

○全国の歯科医院数 推移

直近10年の2008年~2017年の歯科医院数の推移をグラフにしました。

直近10年の歯科診療所数

歯科医院数も、時期のずれはあるものの、開設数と閉院数と同様3年サイクルで増加を繰り返しています。最新の情報が2017年で静態調査を行った年ですので、その3年サイクルの年のみを抽出してみたデータが次のグラフです。

3年毎の歯科診療所数

1996年~2008年までは増減率が高かった歯科医院数ですが、2011年・2014年は増減率0.6%と、緩やかな増加となっています。さらに2017年では、増減率が0.02%と下がってきています。

廃止数が開設数を上回った状況から考えても、今後は歯科医院の数自体が減っていく可能性が高いでしょう。

最後に都道府県別の歯科医院数は次の通りです。

・北海道、東北地方
調査年 2014年 2015年 2016年 2017年
北海道 2,978 2,983 2,968 2,934
青森県 555 550 548 534
岩手県 594 594 592 587
宮城県 1,054 1,059 1,069 1,064
秋田県 444 442 445 442
山形県 486 483 486 485
福島県 860 856 863 860
北海道・東北地方 6,971 6,967 6,971 6,906
・関東地方
調査年 2014年 2015年 2016年 2017年
茨城県 1,400 1,396 1,402 1,400
栃木県 980 977 984 986
群馬県 978 973 977 979
埼玉県 3,502 3,528 3,546 3,542
千葉県 3,217 3,237 3,256 3,255
東京都 10,579 10,620 10,658 10,632
神奈川県 4,920 4,951 4,989 4,915
関東地方 25,576 25,682 25,812 25,709
・中部地方
調査年 2014年 2015年 2016年 2017年
新潟県 1,170 1,172 1,168 1,162
富山県 453 450 453 445
石川県 488 487 481 482
福井県 292 290 292 296
山梨県 433 436 441 436
長野県 1,020 1,020 1,022 1,025
岐阜県 947 957 960 965
静岡県 1,776 1,780 1,783 1,766
愛知県 3,695 3,704 3,707 3,735
中部地方 10,274 10,296 10,307 10,312
・近畿地方
調査年 2014年 2015年 2016年 2017年
三重県 856 849 850 837
滋賀県 564 559 558 556
京都府 1,309 1,301 1,313 1,308
大阪府 5,505 5,540 5,553 5,509
兵庫県 2,987 2,987 3,011 2,981
奈良県 697 696 689 690
和歌山県 554 552 547 540
近畿地方 12,472 12,484 12,521 12,421
・中国、四国地方
調査年 2014年 2015年 2016年 2017年
鳥取県 257 256 257 261
島根県 274 271 273 271
岡山県 990 996 1,000 984
広島県 1,559 1,558 1,566 1,566
山口県 679 681 679 668
徳島県 426 427 431 428
香川県 471 470 478 474
愛媛県 683 680 685 685
高知県 370 375 370 366
中国・四国地方 5,709 5,714 5,739 5,703
・九州、沖縄地方
調査年 2014年 2015年 2016年 2017年
福岡県 3,072 3,097 3,095 3,094
佐賀県 426 420 421 416
長崎県 751 744 739 734
熊本県 850 850 851 844
大分県 538 539 541 538
宮崎県 515 514 508 501
鹿児島県 820 815 820 815
沖縄県 618 615 615 616
九州・沖縄地方 7,590 7,594 7,590 7,558

ここまで、歯科医院の数とその推移について紹介しました。この数から歯科を取り巻く現状や今後がどのようになっていくのか?などについては、歯科開業トピックスの他記事やインサイトの「歯科開業セミナー」で詳しくお伝えしています。

歯科開業セミナーでは、歯科医院数や歯科医師数・日本の年齢などの様々な情報から今後歯科を取り巻く環境がどのように変わっていくのかを分かりやすく解説しています。また、開業にあたっての進め方や物件選定・資金調達・集患はどのようにすればいいのかなど、1日で開業の全体像が分かるセミナー構成となっています。

詳しくは以下リンクよりセミナーページをご覧ください。

歯科開業セミナーページ