感染予防の観点から考える!パーソナルスペースに配慮した医院の内装や動線の確保方法


感染予防の観点から考える!パーソナルスペースに配慮した医院の内装や動線の確保方法

新型コロナ終息の目途もたっておらず、今後も長期的な感染予の防対策を考えていく必要があります。新しい生活様式を取り入れるようにと厚労省が実践例を公表しており、当社でも歯科で具体的にどのように対応していけばいいかなどを「歯科医院で行う新型コロナウイルスの感染予防ガイドライン」でご紹介しました。

今回は感染予防の観点から考える歯科医院の内装や動線について、これからご開業される医院、既にご開業されている医院のそれぞれのポイントをお話します。

歯科の内装デザインは、歯科ごとに様々なデザインがありますが、基本の動線タイプは、動線分離タイプとセミオープンタイプが主流です。

出入りする動線を分けるなど、徹底してパーソナルスペースに配慮するのであれば動線分離タイプの方が良さそうですが、建て貸し物件では柱の位置を変えるなどといった大掛かりな改装は難しく、分離する為の床面積を確保できない場合もあります。また、分離用の動線スペースを確保する分、ユニットを配置するブースの広さなどにも影響が出るので、場合によっては各部屋の空間の密度や風通しの面で気になる事も出てくるでしょう。

逆に、セミオープンタイプは開放的な空間を保てますが、スタッフや他の患者さんとの行き来に注意を払わなければパーソナルスペースの確保が難しくなります。

それぞれ感染症対策という観点で良し悪しがありますが「歯科医院の広さと坪単価の考え方」でお話した通り、家賃や光熱費が発生する以上は坪単価ベースの売上も考慮しなくてはならず、事業計画に応じて賃料や坪数もある程度限られてくるので、理想の院内動線を実現するにも限界があることを念頭に動線を考えることがポイントです。

さらに、スペースの確保を気にしすぎて院内動線がめちゃくちゃになり、診療が上手くいかなくなっては本末転倒です。院内動線については診療のしやすさを第一に考え、自分の理想をできる限り実現させながら、感染症対策ではそれぞれの動線の特性や強みを生かし、弱点は他の院内設備や運用でフォローすると良いでしょう。

例えば、窓や換気扇を多めに配置したり、換気扇を威力の強い物にするだけでも院内の空気の通りを大分改善できます。また、天井埋め込み型の大型空気清浄機を導入すれば、床置きの式の物より効率の良い空気循環ができるので、感染予防の質を上げることができます。

自分の医院の場合はどう設計し何を補ったらいいのか、理想の動線を実現するのに業者との話し合いが上手くいっていない、などお困りの事がございましたら、当社でも歯科内装のご相談を受け付けておりますのでお気軽にご相談下さい。

【お問合せ】内装に関するご相談やお問合せ

また、当社ではこれからご開業される先生方向けに様々な開業支援のサポートがございますので、内装や動線だけでなく、物件や資金・院内の導入設備や開業全般についてなども、お気軽にご相談ください。

開業に関するお問合せ

今の医院の動線を変更したいと考えた場合、リフォームが必要になる場合があります。リフォームは、現況を上手く利用すれば費用を抑える事ができますが、歯科医院の建築・内装に詳しい業者を選定しなければ、医院として機能しなくなってしまう可能性もあります。

大掛かりなリフォームを行うと、どうしても費用がかかってしまいます。感染予防対策として考えるのであれば、まずは、感染予防品・衛生管理品の確保・院内設備対策をとるなど、出来ることからご検討ください。詳しくは「歯科医院で行う感染予防ガイドライン」などでも紹介しています。

すぐに出来ることの例としては、受付等の飛沫防止対策では、ビニールシートやアクリル板の設置を行う医院も多くあります。軟質のビニールシートは手軽に用意できるかもしれませんが、飛沫のふき取り除菌が難しいなどメンテナンス面に差し支えがあるので、クリニックで利用する物は取り外し可能なアクリル板式がお勧めです。

【お問合せ】受付用飛沫防止アクリル板詳細

その他にも、換気扇や空気清浄機の増設や交換を行ったり、壁紙を抗菌素材の物に張り替えたり、洗口コーナーなどの手洗い場を非接触型のフットスイッチやセンサー式に切り替える、業者に清掃・消毒を依頼するなど対策をとるのが良いでしょう。当社でも、歯科医院でご利用頂ける様々な感染対策サポートを取り扱っておりますので、ご参考ください。

【参考】歯科医院で行う新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を踏まえた各種対応

スタッフや患者さんの動線を工夫したとしても、医院の造りによっては限界もあるでしょう。感染対策を検討したうえで、資金的にも余裕があり「やはりパーソナルスペースを確保したい」「院内動線を見直したい」とお考えでしたら、思い切って院内のリフォームに踏み切るのもひとつの手です。

ただし、リフォームを行う際も注意点がございますので、過去に紹介している「歯科医院をリフォームする時の注意点」をご参考ください。

また、当社では歯科リフォームに適切な業者のご紹介はもちろん、リフォームの費用やそのコストを事業計画の中でどう考えていいかといった経営に関わるご相談も受け付けています。現在の動線や院内環境を見て、リフォームについて検討したいというご希望がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

リフォームのご相談はこちら

医院のリフォームを検討しているなどお気軽にご相談ください。

フォームへ進む