歯科医院の外観デザイン事例とそのポイント


歯科医院の外装デザイン

歯科医院の開業や分院を考え始めた時や物件の目途が立った時に「どんな歯科医院の外観が良いだろうか?」と、参考になる事例を探されている方向けに、今回は弊社の「開業支援サービス」をご利用頂いた歯科医院様の中から、おススメの外観デザインを考える時のポイントと事例を紹介します。

外観デザインのポイントとして、集患の観点から視認性や認知性が最優先になります。まずは歯科医院であると一目で分かり、その上で入ってみたい、入りやすいと患者さんに清潔さや親しみを感じて貰う事が重要です。

ただし、一般のテナントでは賃貸借契約内容や予算の関係上、外構を大きく変える様な工事は不可能なので、他の方法で医院サインをアピールしていく必要があります。

これらの事を踏まえ、どのような外観が良いのか、実例を見ていきましょう。

○あらかわ歯科様 http://www.arakawa-shika.jp/

あらかわ歯科様外装デザイン

【外観デザインのポイント】

交差点での視認性を最優先に考えた施工です。元々、交差点に面した角が切り取られたかの様な形で、斜めの角度から見て平面になっているテナントだったので、その特性を生かし、角の平面に大きく歯のマークを取り入れた意匠を施し、視覚的に分かりやすいようにデザインしました。

大きな歯のマークに視線を誘導するため、他の色の主張を押さえ、メイン色が映える様に配色には気を配りました。左右、斜め、どの位置から誰が見ても、歯科医院と分かる分かりやすさが特徴的です。

○さかえ歯科医院様 http://www.sakae-shika.tokyo/

さかえ歯科医院様外装デザイン

【外観デザインのポイント】

駅前の産業道路沿いで、交通量が非常に多い場所にある歯科医院になります。その為、車の速度でもファサードやウィンドウの医院サインの文字がしっかりと視認できるかどうか検討を重ね、時速60㎞でも読み取れる文字のサイズにする事に注力しました。

見る方向で色を変えながら訴求ポイントを最低限まで絞り込み、必要な情報の分かりやすさを考え抜いたデザインになっています。

○おおたデンタルクリニック用賀様 http://www.ota-dc.net/

おおたデンタルクリニック用賀様外装デザイン

【外観デザインのポイント】

近隣に飲食店やコンビニなど、多数の店舗に囲まれた地域にある歯科医院なので、無数にひしめく看板やテナントサインに負けない様に、医院サインと床タイルを別色にすることで、他テナントの差別化を図る事に成功しました。

近隣のお店とテイストを真逆にスタイリッシュにすることで、この歯科医院ならではの雰囲気を創りあげ、意図的に掲載情報を減らすことで、通りを歩く人の関心を呼び起こす効果を上げています。

計画当初は人工芝を引くプランをご提案させて頂きましたが、試行錯誤の末、この界隈では類を見ないセットバックの広さをオフホワイトのタイルで活かすプランを採択する事で、パッと目を引く間口に仕上がりました。

○医療法人 洛鳳曾 ところざわの歯医者さん様
http://www.shika-tokorozawa.com/

医療法人 洛鳳曾 ところざわの歯医者さん様外装デザイン

【外観デザインのポイント】

誰が見ても分かる通り、「ここが、ところざわの歯医者さん!」であるという医院名の認知性の高さを存分に活かした外観です。道路・歩道に面した間口を全て使い切るほどの大型のファサードサイン、その大部分に医院名を掲げ、地域の認知度を向上させています。

平日19時まで診療されている医院なので、壁面照明を活用して間口全体を照らすことで、夕方から暗くなってしまう時間帯でも医院の存在をアピールする事ができます。

○かわむら歯科クリニック様 http://www.kawamura-dc-fuji.jp/

かわむら歯科クリニック様外装デザイン

【外観デザインのポイント】

白くてきれいな箱に細長い窓が等間隔で収まっている様な、スッキリとした建物です。その特徴を活用する為に、出幅が少ない照明を用いることで、歯科医院であるサインを強調しながらもスマートな印象に仕上げることができました。

外部に配線が見えてしまうと目に煩く感じてしまいますが、出幅が少ない照明だとそれがなくなり、清潔な印象を見た人に与えてくれます。こちらの医院は静岡県富士市にあるので、サインにはブルーからホワイトのグラデーションを使い、清涼感を持たせると共に、富士山と空と雲のカラーを連想して貰える医院になる様に意識しました。

○わかまつ歯科医院様 http://wakamatsu-dent.jp/

わかまつ歯科医院様外装デザイン

【外観デザインのポイント】

大きな壁面にペイントタイプの壁面アートを施す事で、建屋そのものを大型の医院サインとして有効活用しています。壁面の半ばより右上辺りに取り付けたスポットライトは、このペイントサインを照らす様に固定してありますが、建物に照明を当てる事で、サインだけでなく建物そのものをライトアップし夕方~夜間にはまた一味違った医院の雰囲気を作りあげています。

遠くからの視認性を狙った高所への大型のポールサインも、建物と同系色の配色にし、イメージに一貫性を持たせました。オフホワイトにネイビーブルーの組み合わせは、電柱が居並ぶ県道沿いではかなり印象的なサインになっています。

○かたやま歯科クリニック様 http://katayamashika.jp/

かたやま歯科クリニック様外装デザイン

【外観デザインのポイント】

こまどりの青い卵を由来とし、世界的ジュエリーブランド・ティファニーのパッケージとしても名高いティファニーグリーン。この色をテーマカラーにホワイトとイエローを指し色とした意匠を組み込む事で、爽やかな印象に残る外観になりました。入口ゲートに合わせ、ファサードもスマートさを意識し、可愛いながらもスタイリッシュな全体像になっています。

通りから歯科であると一目でわかる様に、アイコンを用いた歯型の大型パネルサインを壁面に設置し、歯科の特徴をアピールして患者さんの誘因性を図りました。

インサイトのサービスを利用しご開業された医院様の中から、いくつかの外観デザイン例を紹介しました。どの医院も印象深く、何かあった際には来院してみたいと通りを歩く人に思い返して貰えるような外観でしたね。

写真を見ていくと、外に接するウィンドウには擦りガラスなどを用い、患者さんのプライバシーを守る配慮が為されていた事にも気づかれたでしょうか?このような工夫があると患者さんも安心して治療が受けられますので、入りやすくなる一つの要因になるでしょう。

他にも弊社でご開業された医院をインサイトの「歯科医院開業事例」で紹介しています。

また、当社のセミナーでも歯科開業の事例を紹介しておりますので、他の歯科医師の方がどのような開業をされているのか、歯科開業にはどのようなノウハウが必要なのかといった事を知りたい方にはお勧めの内容になっています。

セミナーの詳細やお申込みは専用のページでご確認頂けます。
歯科開業セミナー