【開業費用リスト】歯科医院の開業にかかる費用はいくらなの?


歯科開業にかかる費用リスト

歯科医院の開業をしようと考えた時に、やはり気になるのが費用の面。自己資金をどれくらい貯めておかなければならないのか、足りない場合はどこからいくら借りるべきなのか?考える事はたくさんありますが、そもそも歯科医院の開業で何にいくらかかるのかを押さえておかないと用立てるべき資金額を把握できませんね。

開業資金額については「税理士・会計士に聞いてみた!歯科の開業資金や自己資金額」でも簡単に触れていますが、今回は一般的なテナントで開業する場合にかかる概算の金額をご紹介します。

開業の流れやその取引業者やスケジュールについては、他の記事で紹介しています。
歯科医院の開業はどのように進めばいいのか?開業の流れ
歯科開業時の取引業者とは?歯科医院開業の時の取引業者例
歯科開業スケジュールのたて方!ポイントはフローの逆算

それでは早速それぞれの概算費用を解説していきましょう。

○賃貸借契約時の諸経費・その他: ~500万円

歯科開業での賃貸には、敷金や保証金、礼金や仲介手数料など様々な経費がかかります。建物の広さや条件によって金額は変わりますし、複合商業施設などのテナントでは多めの敷金が必要になる場合もあるので注意しましょう。

【参考】歯科医院テナント賃貸条件のポイント

○内外装工事費: 1,500万~2,500万円

建物の状況や形状にもよりますが、内装の全面工事を行うにはそれなりの金額が必要ですし、歯科医院は床上げを行うので、その他業種の内装工事よりは高くなる場合がほとんどでしょう。商業施設などデベロッパー(オーナー)側の工事負担区分がある場合には、B工事でテナント側が負担すべき工事がどこまでか、によっても全体金額が変わります。

看板を設置、院内家具をオーダーメイドにするなどの要望があれば、それぞれ専用の工事費用が必要になるので、忘れず予算に組み込みましょう。

【参考】歯科医院でよくある看板の種類と費用

○医療機器、材料関連(新品): 2,000万~3,500万円

当然ながら導入内容によって金額もグンと変わりますし、レントゲンなどは物により設置スペースも変わるので内装にも影響を及ぼします。ユニットを何台設置するか、レントゲンはどうするか、エアーコンプレッサーやバキューム、滅菌機、レセコンなど、どの機材を何台導入するか必要数を出して考えましょう。

求めるクオリティによっても価格はピンキリですが、財源には限りがあるので、他とのバランスを見て予算内に収まるように考えることが重要です。

【参考】歯科開業資金の借り入れを抑えるテクニック

○院内備品、その他: 必要に応じて

待合室用の椅子や下駄箱、傘立て、時計、トイレ・洗口コーナー備品、受付の予約管理用品や電話、カルテ棚、掃除用品、ゴミ箱など、細々としていますが必要な物が必ず出てきます。必要な備品リストサンプも別途紹介しているので、予算立ての際にお役立て下さい。

【参考】歯科医院開業に必要な設備リスト

○広告費: 必要に応じて

歯科医院を開業したことを認知してもらうため、ホームページの作成やチラシ、リーフレットなどの費用がかかります。何がどれくらい必要かによって金額も変わりますが、歯科診療の場合は医療広告規制があるので、方法と内容については十分に注意しましょう。

【参考】歯科医院の集患に有効な媒体と広告の種類
【参考】歯科広告の注意点!医療広告規制を徹底解説

○人材募集: 必要に応じて

歯科開業での取引業者例でも簡単に触れていますが、歯科診療は専門性の高い職種なので、求人広告などを使って人材を募集した方が効率のいい場合もあります。このようなサービスを利用する場合には募集掲載や紹介などの費用が発生するので、事前に検討しておきましょう。

○運転資金: 必要に応じて

保険診療をメインにする場合、レセプトのシステム上、実際の収入を得るまでに最低でも2~3ヵ月はかかります。その間にも人件費や家賃、光熱費、設備費、税理士の顧問料などが発生するので、無収入の状態でこれをやり過ごさなければなりません。その為、手元に運転資金を準備しておく必要があります。

インサイトの開業支援では集患や経営安定までを見越して最低でも6ヶ月分の運転資金を準備するように推奨しています。環境にもよりますが、先生ご自身の生活費も含め月に150~250円は固定費がかかるので、最低でも1200万程度は必要になるケースが多いようです。

一時的な負担を減らすテクニックとしては、例えば歯科開業時に機材の支払いをリースにまわすと手元の事業資金が一気に枯渇することがないので、その分運転資金にお金を回す事ができます。事業計画とキャッシュフローをよく考え、運転資金をどうするか検討しましょう。

歯科医院開業にかかる費用のリスト例
種別 項目例 概算予算
賃貸借契約 前家賃
敷金/保証金
礼金
仲介手数料
火災保険
~500万円
内外装工事費 工事費用(資材費込・B/C工事など)
デザイン料
家具
看板
1,500万~2,500万円
医療機器、材料 ユニット(__台)
レントゲン
バキューム
エアーコンプレッサー
滅菌機
レセコン
【詳細】歯科医院の開業設備リストサンプル
2,000万~3,500万円
院内備品 受付待合室用品
トイレ・洗口コーナー用品
バックヤード備品
【詳細】歯科医院の開業設備リストサンプル
必要に応じて
広告費 内覧会(外部依頼相場:チラシなどの広告費込みで80~150万円)※1
ホームページ制作費(外部依頼相場:50~200万円)※1
チラシ・はがき
リーフレット
必要に応じて
人材募集 求人媒体掲載料(外部依頼相場:2~3媒体で20~40万程度)※1 必要に応じて
運転資金
6ヶ月分 ※2
人件費
家賃
光熱費
設備費(セキュリティーなど)
税理士の顧問料
機材費(購入orリース)
【詳細】歯科の事業計画でよく出る用語と項目例
1200万円~

※1…外部依頼相場については、2017年3月時点の一部サービス提供会社を調査した結果になります。依頼される時期や提供会社によっても価格が変わりますのでご注意下さい。
※2…運転資金について、インサイトでは最低6ヶ月分を推奨しています。環境にもよるので、金額は概算の目安としてお考え下さい。

歯科開業にかかる概算費用についてでした。表記の予算金額はあくまでも概算になりますので賃貸条件内容や希望により大幅に金額が変動しますのでご注意ください。

実費の他に、開業準備には先生ご自身の時間がかかります。物件を探し、診療圏の調査から集患の見込みを立て、テナント出店を申込み、不動産の交渉と契約締結を行い、事業計画作成して金融機関の融資面談を受ける・・・その後も、内装・看板施工、機材・材料調達、スタッフ採用に広告などの集患戦略の実施など、まだまだ行うことは山のようにありますが、これらの準備にかかる時間はいわば先生ご自身の人件費と言うこともできるでしょう。

そこでひとつの考え方にはなりますが、専門的な調査や分析、交渉や調整など、知識の習得と実施にどうしても時間がかかってしまう事はプロに任せて、先生自身の時間は開業前の治療技術習得や自己資金を貯めるために割り当てるという方法があります。

とはいえ、開業支援をうたっている会社はいくつもあって、依頼するとしたらどこがいいのか?本当に大丈夫なのか?どこまでやってもらえるのか?など不安があるかもしれません。

この点、インサイトでは300件以上の開業支援実績があり、この経験から得たノウハウを元に歯科開業セミナーも開催しています。

このセミナーでは開業費用の解説だけでなく、業界の将来予測から物件選定・資金調達の方法など、歯科開業に関わる全般的な知識や注意点を伝えています。開業のために何が必要なのか、手っ取り早く全体の流れを把握するには最適な内容なので、まずは一度受講することをお勧めしています。

開業はまだ先だけど、とりあえず勉強しておきたい・・・という先生のご参加ももちろんOKです!得た知識はいずれ開業をする時に役立つこと請け合いです。先生のご都合に合わせて個別セミナーを行うこともできますので、詳しくはセミナーページをご参照ください。

歯科開業セミナー