歯科医院経営講座⇒医院のパンフレットを作るなら


歯科医院の経営・マネイジメントの事例を交えたケーススタディを紹介します。歯科医院経営事例シリーズをまとめて読みたい方はタグの「歯科医院経営講座」をクリックしてください。
院長、こんなときどうしますか?~医院のパンフレットを作るなら~

<ケース>
insite歯科クリニックは、開業して3年目。順調に患者さんも増えてきました。

ただ、最近同じ市内で2件の医院が開業したため、今年に入って新患数が減ってきています。そこで、スタッフと相談してパンフレットを作成することにしました

どのようなものを作ったら良いのでしょうか?

○歯科医院のパンフレットを作る意味

歯科医院でパンフレットを作成する意味は2種類あります。
ひとつは医院案内用のパンフレット、もう一つは自費導入用のパンフレットです。

ただ、どちらにしても抑えなければならないポイントがあります。
これからそのポイントについてお伝えします。

①歯科医院案内パンフレット

歯科医院案内パンフレット

医院案内パンフレットは、開業時に作成する場合が多いとは思ういますが、次のことに留意して作成すると良いでしょう。

1)医院理念 
2)院長の顔写真と経歴
3)診療案内
4)地図と電話番号

医院理念は、必ず入れましょう。理念というと難しく感じてしまいますが、

何の目的でその医院が存在するのか?
どのような考えで診療するのか?
そのために、重視していることは何なのか?

を箇条書きにして、まとめましょう。
つまり、自分の医院の治療に対する考え方や、方針が明確になっていれば良いのです。

ただ注意点としては、理念に掲げたことが実際に医院で実行されていないと、患者さんから不信感を持たれる原因になりますので、無理してできないことや、やろうと思っていないのにカッコ良い言葉を書き連ねることだけは避けましょう。

顔写真と経歴が必要なのは、パンフレットを見た人に安心感を持ってもらうためです。

もともと、パンフレットは新規患者の来院を促すのが目的であって、医院に来院したことのない人に手渡すことを前提にしています。つまり、他の医院に通ったことのある(あるいは通っている)患者さんを転院させるためのツールです。

そのツールに顔写真と経歴が載っていると、通院する前から心理的な抵抗感が低くなり、逆に安心感が生まれる為、必ず載せるようにしましょう。

診療案内は設備と診療内容とから構成されます。
特に、予防やインプラント、審美、口臭予防などいわゆる診療科目ではなく、医院の特徴を現す診療をアピールします。

地図と電話番号は、分かりやすく一目で患者さんが判断できるような工夫が大切です。
中には、デザインを重視しているものも見受けられますが、デザインの良さが良い医院につながるわけではないので、シンプルなほうが良いでしょう。

②自費導入用パンフレット

自費導入用パンフレット

自費診療を手がける際には、パンフレットをぜひ作りましょう。
なぜなら多くの患者さんが、以下のような不満を持っているからです。

1) 自費補綴の種類がわからない
2) 自費補綴の価格と品質がわからない
3) 自費補綴の保証内容がわからない

確かに多くの医院で、チェアサイドで患者さんに上記のことを説明しているとは思います。

しかし患者さんは、チェアに座っているまな板の鯉状態では、意思決定できない場合が多いのです。なので「1日考えさせてください」とか「女房に相談してから」という返事になってしまいます。その際に、自費パンフレットは患者さんが意思決定をする際のプッシュになります。

それと、もう一つ留意してほしいのはパンフレット作成時に必ず3種類のサービス比較が出来るようにすることです。

例えば、
保険の硬質レジン(自己負担金と合わせて総額も表示)、 エステニアのようなハイブリッド硬質レジン、メタルボンドといったようにします。こうすると、日本人の顧客心理として、中間価格帯のハイブリッド硬質レジンを選ぶことが多くなるのが統計的に証明されています。

2種類の比較だと値段の比較のみになりますが、3 種類になることによって価値比較のうえで、平均的な商品を選ぼうとする傾向にあるからです。

たかがパンフレットと思われるかもしれませんが、実は増患に影響していることをお忘れなく。

インサイトの歯科開業コンサルティングでは、歯科医院医院ちらし制作サポートも行っております。
詳しくは歯科開業広告印刷物サポートをご参考ください。