歯科医師の開業年齢はどれ位?適齢はいつ??統計情報から見えてくる歯科開業の現状


歯科医師の開業年齢はどれ位?適齢はいつ??統計情報から見えてくる歯科開業の現状

今回は、厚生局の医師・歯科医師・薬剤師調査の統計情報をもとに、歯科医師の開業年齢と統計から見えてくる歯科開業の現状について考えていきましょう。歯科医師の高齢化については、過去にも「歯科開業を取り巻く環境と将来予測シリーズ」でもふれていますが、実際の開業年齢はどのようになっているのか検証していきます。

まず、歯科医師の開業した年齢についてですが、残念ながら「〇歳に開業した人が〇人」というような開業した年齢を直接的に調査した国の資料はありません。

そこで、厚生局の医師・歯科医師・薬剤師調査にある歯科医師数の統計データの開設者かどうかの情報から何割の人が開業しているのかを算出しました。

○2016年の年齢別にみた歯科開業割合

・歯科医師全体からみた開業の割合

性別 総数 開設 開設割合
男女計 104,533 59,504 57%
男性 80,189 54,104 67%
女性 24,344 5,400 22%

年齢別に見た歯科開業の割合(~54歳)

年齢別にみた歯科開業割合(55歳~)

平成28年医師・歯科医師・薬剤師調査(2016年調査)の統計データを見てみると上記の表の通りになっています。ここで言う開設者とは、病院・診療所・法人の開設者または代表者の合計の数値です。

年齢別に見た開業の割合としては、年齢とともに割合が増えていっており63歳がピークで84%となっています。だいたい35歳あたりから20%の人が開業しており、その後50代までの間に70%の方が開業しています。

つまり、開業年齢の傾向としては、歯科医師の開業年齢は、35歳以降徐々に開業していく人が増えていき、40代のうちには過半数が開業します。

その後も、60代までに開業する人が8割まで増えていきますが、70代以降は新たに開業するのではなく、勤務医のままで在籍する方・年齢的に医院をやめるか譲渡する方が増え、開設者は減少していくというような傾向になっています。

上記の表では、男性と女性別にも割合を算出しました。そもそもの歯科医師の男女比や開業する割合自体に違いはありますが、開業割合の増え方はだいたい同じような流れになっています。

2016年時点での開業年齢を紹介しましたが、これまでの開業年齢は、どのようになっていたのでしょうか?

○年代別にみた歯科開業割合の10年毎の推移

下記グラフは、1996年・2006年・2016年と10年毎に、年代別に開業割合をグラフ化したものです。

年代別にみた歯科開業の割合

年代別にみた開業割合で特に着目したいのが30代~60代の推移です。分かりやすくピックアップしたグラフが下図の通りです。

年代別にみた歯科開業の割合推移(30~60代)

1996年では、30代で開業している人が52%・40代は79%・50代は87%もの割合で、開業していました。しかし、20年経過した2016年では、30代で開業している人はわずか19%・40代で57%・50代でも76%となっています。

1996年では開業のピークが50代となっているのに対し、2016年では60代がピークとなっています。つまり、開業する年齢が高齢になってきているということです。歯科開業を取り巻く環境の「歯科医師の高齢化」でもふれていますが、開業年齢の高齢化は「開業マインドの低下」「自己資金が貯まらない」「技術力がつくまでに時間がかかる」「開業場所に競合が多い」などの要因が考えられます。

○歯科医院を開業する年齢はいつが適齢なのか?

ここまで、開業する年齢が高齢化してきているとお話ししてきました。しかし、開業サポートを行っている中で「開業を意識し始めた時期」を伺うと、多くの方が30代になったあたりで意識し始めているようです。

インサイトが開催している歯科開業セミナーでも、30代の方が参加される方の6割を占めています。このことからも、多くの方が30代のうちに開業を意識されていることがうかがい知れます。

30代になったタイミングで、開業を意識される先生方の背景としては「歯科医師としての技術がある程度、身についてきた」「自己資金が少したまり始めた。たまる目途がたってきた」「結婚や出産、住居購入などの転機から、今後の事をしっかりと考えはじめた」「まわりが少しずつ開業し始めた」など、様々な理由から開業を意識されるようです。

開業の適齢については、先生がお持ちのビジョンライフプランにより大きく変わります。詳しくは、下記のコンテンツで紹介しているので、あせてご覧ください。

【関連記事】
勤務医か開業医か?いつが開業にベストなタイミングなのか
ビジョン設計の考え方と設定シートの作り方
住宅購入と歯科開業どちらが先?住宅ローンと開業資金から見たメリット・デメリット

また、インサイトの歯科開業セミナーでは、「まだぼんやりとしか考えていないけど開業について話を聞いてみたい」という先生から「開業に向けて動き始めているので具体的な話を聞いてみたい」という先生まで、多くの方にご参加頂いています。

今回お話ししきれなかった、歯科開業・歯科業界をとりまく環境から物件選定方法・資金調達方法・集患方法など1日で開業の全容をおつかみ頂ける内容となっています。セミナー当日に、ご質問やご相談を受けることも可能ですので、開業について意識されはじめたら、まずはお気軽にご参加ください。

歯科開業セミナーページ